高齢者肺炎球菌予防接種

ページID: 0883

高齢者肺炎球菌の定期接種の対象期間は、本来、65歳の間です。

平成26年度から令和5年度末までの間は、経過措置として、各年度に「65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方」が、対象となっています。

当該経過措置は、令和5年度末(令和6年3月31日)をもって終了し、

令和6年4月1日以降、高齢者肺炎球菌の予防接種対象期間は、本来の「65歳の間」となる予定です。

このため、昭和33年4月2日~昭和34年4月1日生まれの方に限り、実質、66歳の誕生日の前日まで、定期接種が可能な期間が延長となる予定です。

肺炎とは

 肺炎は、日本人の死因第3位であり、肺炎で亡くなる人のうち95%以上が65歳以上の高齢の方です。

 肺炎で一番多い原因菌は肺炎球菌です。

 肺炎球菌ワクチンを接種しておくと、肺炎の予防や、肺炎にかかっても軽い症状ですむ効果が期待されます。

令和5年度定期接種対象者

接種対象者となるのは、生涯に1回のみです。

令和5年度の対象者は下記(1)または(2)にあてはまる方で、かつ、下記「対象外」にあてはまらない方です。

(1)

  • 昭和33年4月2日~昭和34年4月1日生まれの人
  • 昭和28年4月2日~昭和29年4月1日生まれの人
  • 昭和23年4月2日~昭和24年4月1日生まれの人
  • 昭和18年4月2日~昭和19年4月1日生まれの人
  • 昭和13年4月2日~昭和14年4月1日生まれの人
  • 昭和 8年4月2日~昭和 9年4月1日生まれの人
  • 昭和 3年4月2日~昭和 4年4月1日生まれの人
  • 大正12年4月2日~大正13年4月1日生まれの人

(2)

接種日当日、60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障がいのいずれかにおいて、身体障がい者手帳1級を所持する者(身体障がい者手帳の写しが必要)、もしくは1級相当と認められる者(医師の診断書が必要)

対象外

  1. 過去に自費で肺炎球菌ワクチンを接種したことのある方
  2. 平成26年度から令和4年度に、定期接種として肺炎球菌ワクチンを接種した方
    再度接種すると、注射部位の疼痛・紅斑・硬結等の副反応が強く出現すると報告されています。
  3. ご本人の接種を受ける意思を確認できない場合
  4. 接種日に守口市に住民票のない方
    市外へ転出された場合は、転出先の市町村へお問い合わせください。

高齢者肺炎球菌の予防接種について

 高齢者肺炎球菌ワクチンの予防接種は、予防接種法に基づく予防接種ですが、個人の発病・重症化の防止を目的としており、接種者の意思と責任で接種を希望する場合にのみ接種を受けることができます。

(注意)

接種後、非常にまれですが、重大な副反応が発生することがあることについて十分にご理解いただいた上で、接種してください。

接種回数

1回(公費助成は生涯一回限り)

接種費用

本人負担額 2,000円

 接種対象者かつ生活保護受給者の方で、「無料接種券」を医療機関等に提出した場合は免除。

 なお、非課税世帯の方を対象にした免除制度はありません。

無料接種券については、下記リンク先をご参照ください。

接種期間

令和5年4月1日から令和6年3月31日

(注意)

開始日・終了日が土曜日・日曜日のため、医療機関によって休診の場合があります。

必ず事前に確認をしてください。

接種場所

 北河内5市内(守口市、門真市、寝屋川市、大東市、四條畷市)の委託医療機関

 ※医療機関一覧は、下記に掲載しています。医療機関によっては、事前予約制の場合や実施曜日を限定している場合がありますので、必ず事前にご連絡のうえ、医療機関へ出向いてください

「北河内5市内の委託医療機関以外」で接種を希望する方は、下記リンク先をご確認ください。

接種日当日、持参するもの

接種対象者(1)に該当する人

  1. 「高齢者肺炎球菌のご案内【接種券】」
  2. 本人確認書類(マイナンバーカードや介護保険証など)
  3. 接種費用 2,000円

接種対象者(2)に該当する身体障がい者1級もしくは1級相当の人

  1. 本人確認書類(マイナンバーカードや介護保険証など)
  2. 身体障がい者手帳の写しまたは診断書
  3. 接種費用 2,000円

接種対象者(1)又は(2)に該当する人のうち、生活保護受給者

接種対象者(1)で生活保護受給者 接種対象者(2)で生活保護受給者
「高齢者肺炎球菌のご案内・接種券」 身体障がい者手帳の写し、または、診断書

本人確認書類

(マイナンバーカードや介護保険証など)

本人確認できるもの

(マイナンバーカードや介護保険証など)

高齢者肺炎球菌予防接種 無料接種券」

高齢者肺炎球菌予防接種 無料接種券

「高齢者肺炎球菌のご案内【接種券】」について

対象者(1)の人には、4月1日付けで郵送しています。

接種日当日は、医療機関に「高齢者肺炎球菌のご案内・接種券」を提出してください。提出しない場合は、接種費用をご負担いただきます。

紛失や転入などの理由によりお手元にない場合は、再発行しますので、再発行の申請手続きをしてください。

再発行の申請方法・申請の流れ

申請方法は、「オンライン申請」「窓口で申請」「郵送で申請」の3つの方法があります。

オンライン申請する場合

下記の守口市オンライン申請システムへアクセスし、手続きしてください。

詳細は、下記リンク先をご確認ください。

窓口で申請する場合

窓口にて申請書を記入いただき、対象者の確認がとれましたら、その場ですぐに「ご案内・接種券」を再発行し、お渡しします。

受付場所:健康推進課(守口市市民保健センター3階)

受付時間:午前9:00~午後17:30(土曜・日曜・祝日を除く。)

持ち物 :接種する方の本人確認書類(マイナンバーカード、介護保険証など)※

※氏名・住所・生年月日の確認できるもの

(注意)守口市役所本庁では、手続きできません。

郵送で申請する場合

申請書に必要事項を記入のうえ、守口市市民保健センターに郵送で提出してください。

申請書は、下記に掲載していますので、ダウンロードし印刷していただくか、申請書の郵送を希望する場合は、守口市市民保健センター(06-6992-2217)へお電話ください。

申請書が守口市市民保健センターに届き次第、「ご案内・接種券」を再発行し、送付します。申請からお手元に届くまで、約1週間~10日程度かかります。

提出書類

1「高齢者肺炎球菌の予防接種「ご案内・接種券」にかかる発行申請書」

2「84円切手を貼った返信用封筒」※

※施設等で、数人分まとめて、郵送で申請する場合は、1人1枚ずつ作成しますので、返信用封筒には、返信に必要となる送料の切手を貼付してください。

提出先

〒570-0033守口市大宮通1丁目13番7号

守口市健康推進課 予防接種担当

高齢者肺炎球菌予防接種依頼書の発行手続き

 依頼書を発行する手続きにつきましては、下記のリンク先をご参照ください。

高齢者肺炎球菌予防接種無料接種券の発行手続き

無料接種券を発行する手続きにつきましては、下記のリンク先をご参照ください。

予防接種法による救済制度とは

 重い副反応で医療費を要したり、後遺症が残ったり、死亡した場合などで、その予防接種と因果関係があると認定されたときは、国がその被害を救済する制度です

この記事に関するお問い合わせ先

守口市役所健康福祉部健康推進課
〒570-0033 大阪府守口市大宮通1-13-7
市民保健センター3階
電話番号
06-6992-2217
06-6992-2422(公害専用ダイヤル)
健康推進課へのメールによるお問い合わせはこちらから