現在の位置

住宅密集地区整備事業について

住宅密集地区とは

 老朽化した木造建物が密集し、狭い道路が多く、公園や広場などのオープンスペースが少ない地域で、「密集市街地」とも呼ばれています。住宅密集地区では、大規模地震等に火災の燃え広がりや建物の倒壊による道路の閉塞などにより、避難が困難になるおそれが高いことから、特に大きな被害が発生すると想定されています。

 守口市では、今後30年以内の発生確率が70%と想定される南海トラフ地震などに備え、地震火災の被害を低減し、住民の生命、財産を守るため、災害に強い住まいとまちの実現を目指していきます。

 なお、令和2年度末に国が延焼危険性の評価方法を見直したことから「地震時に著しく危険な密集市街地」からはずれましたが、依然として「危険な密集市街地」は存在することから、財源等の「選択と集中」により施策を絞り、事業を実施していきます。

住宅密集地区の位置(事業区域)

○大日・八雲東町地区

  佐太中町1丁目

  大日町2~4丁目

  八雲東町2丁目

○東部地区

  佐太東町1丁目

  金田町1丁目、

  大久保町1~3丁目、

  梶町1~4丁目

  藤田町1~5丁目

守口市の取り組み

公共施設の整備について

○主要生活道路の整備

住民の皆さんが日常よく利用している道路について、災害時に避難や、緊急車両の通行、消防活動が可能となるよう、拡幅等の整備を行っています。

○公園における防災機能の整備

今後は集約等の公園の再整備において防災機能を持たせていきます。

事業パンフレット(PDF:3.7MB)

老朽木造住宅の除却費等の助成について

 令和3年度は、老朽木造住宅(昭和56年5月31日以前に建築されたもの)を対象に文化住宅や長屋住宅に加え、戸建住宅の解体費用の一部助成を行っています。

除却助成パンフレット(PDF:19MB)

建替促進パンフレット(PDF:4MB)

整備計画・整備アクションプログラム

 地震時等に著しく危険な密集市街地(令和3年3月国土交通省公表)の解消に向けて「大阪府密集市街地整備方針(令和3年3月改訂)」に基づき「守口市住宅密集地区整備計画書(令和3年3月改定)」を改訂するとともに、「整備アクションプログラム(令和3年3月改訂)」を策定しました。

守口市住宅密集地区整備計画(PDF:407.5KB)

守口市整備アクションプログラム(PDF:1.9MB)

関連リンク

【大阪府ホームページ】密集市街地の整備について

【大阪府ホームページ】密集事業の見える化

お問い合わせ先
守口市役所都市整備部都市・交通計画課
〒570-8666 大阪府守口市京阪本通2-5-5 
守口市役所5階北エリア
電話番号 
06-6992-1679(総務担当)
06-6992-1685(計画担当)

都市・交通計画課へのメールによるお問い合わせはこちらから

(市への要望、お問い合わせは「市民の声」をお使いください)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ピックアップ