現在の位置

新型コロナウイルスのワクチン接種について【1月26日更新】

最新情報

 

予約枠更新

1月26日(水曜日)13時に新規予約枠を更新しました。

2回目接種を2021年7月7日~7月11日に受けた65歳以上の方は、1月25日に接種券を発送しました  予約受付は2月2日(水曜日)午前9時からです。

・現在、追加接種(3回目接種)は、

〇令和3年7月6日までに2回目接種を受けた65歳以上の方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)

〇令和3年6月28日までに2回目接種を受けた18歳以上65歳未満の方

 の予約を受付しております。

・国からのワクチン供給量などの理由により、2月以降の集団接種(体育館・図書館)での追加接種は多くが、武田/モデルナ社ワクチンでの実施となる見込みです。

・追加接種では、例えば初回接種(1,2回目接種)においてファイザー社ワクチンを接種した人も、追加接種では武田/モデルナ社ワクチンを接種することが可能とされていますので、積極的にご検討ください。

 予約はこちら → 守口市接種予約サイト

詳しくはこちら →  新型コロナワクチン接種予約について

追加接種(3回目接種)について

2回目の接種日から原則8カ月以上経過した18歳以上の人が対象です。

詳しくはこちら → 追加接種(3回目接種)について

 

新型コロナワクチン接種証明書の電子交付が始まりました

新型コロナワクチンの接種を受けた時点で守口市に住民票があった方を対象に、証明書を発行します。

詳しくはこちら → 新型コロナワクチン接種証明書について

 

12歳~15歳の皆さんおよび保護者の方へ

 8月23日(月曜日)に、令和3年度中に12歳~15歳になる人を対象に接種券を送付しました。

 なお、10月以降に12歳を迎える人は、誕生日の前月に接種券を発送する予定です。

 12歳~15歳の人が接種を受ける際は、原則保護者の同伴が必要です(小学生の場合は、必ず保護者の同伴が必要です)

市民体育館および守口市立図書館で実施する集団接種で接種を受ける場合

・小学生
 保護者の同伴がないと接種できません。

・中学生以上(高校生で接種日時点で15歳の人を含む)
 原則、保護者の同伴が必要です。保護者の同伴がない場合は、接種の前に保護者の方へ電話連絡します(予診票に保護者の方の連絡先を記載してお持ちください)。連絡先が不明の場合及び連絡がつかない場合は接種を受けられませんのでご注意ください。

 

医療機関で接種を受ける場合

 各医療機関にご確認ください。

 

10代・20代の男性と保護者の方へ

 10代・20代の男性については、ファイザー社製ワクチンに比べて、モデルナ社製ワクチンの接種後に生じる心筋炎等の発生頻度が高いことから、1回目の接種をモデルナ社製ワクチンで受けた場合であっても、2回目の接種をファイザー社製ワクチンで受けることが選択できるようになりました。

詳しくは、厚生労働省のホームページにてご確認ください。

参考https://www.mhlw.go.jp/content/000844011.pdf(厚生労働者)

 1回目接種の日から4週間(27日)以上の間隔を空けて接種することが必要です。

 2回目の接種をファイザー社製ワクチンでご希望される10代・20代の男性は、お電話にてご予約ください。

予約専用フリーダイヤル:0120-166-685

 (受付時間 土・日、祝日を含む毎日9:00~17:30)

※10代・20代の女性やその他の年代の方は、2回目も同一のワクチン接種が原則です。

※2回目接種を受ける日に29歳以下である男性が対象です。1回目接種後に30歳になられた方は、同一のワクチン接種が原則です。

※最終的な接種の可否は、接種日当日の予診の際に医師が判断するため、予診の結果、接種が受けられない場合があります。

※10月15日時点の厚生労働省ホームページによると心筋炎等の発生頻度は下記のとおりです。

(ワクチンを受けた100万人あたり)

年齢 男性 女性
ファイザー社製 武田/モデルナ社製 ファイザー社製 武田/モデルナ社製
12~19歳 3.7 28.8 2.2 0.0
20~29歳 9.6 25.7 1.1 1.4

 

接種後の副反応への対応

 新型コロナワクチンの接種後に、発熱や痛み、頭痛等の症状が起きた時の対応等について、厚生労働省が動画やチラシを公開しています。

詳しくはこちら → 新型コロナワクチンの副反応について(厚生労働省)

チラシはこちら → 新型コロナワクチン接種後の副反応への対応方法(厚生労働省)

 

新型コロナワクチン接種証明書

 新型コロナワクチンの接種を受けた時点で守口市に住民票があった方を対象に、証明書を発行します。

詳しくはこちら → 新型コロナワクチン接種証明書について

 

台風襲来時等における接種中止の基準と予約の変更

 台風襲来時等において集団接種を中止する場合があります。

詳しくはこちら → 台風襲来時等における接種中止の基準と予約の変更

 

65歳以上の高齢者を対象に、特別予約を実施します

 まだ接種予約ができていない高齢者の方を対象に、往復はがきでの申し込みがあれば、 確実に守口市の集団接種会場の予約ができます。

詳しくはこちら → 【65歳以上の高齢者対象】ワクチン接種特別予約

 

ファイザー社製ワクチンの説明書をご確認ください

 接種を受ける前に、新型コロナワクチン予防接種についての説明書をご確認ください。 守口市の集団接種会場にも説明書を設置しています。

詳しくはこちら → 新型コロナワクチン予防接種についての説明書(厚生労働省)

 

接種実施日時・場所

集団接種(市民体育館・市立図書館)

 1月18日現在、各会場での接種時間は以下のとおりです。

※下記は接種実施時間です。会場受付時間は異なりますので、予約された時間を確認のうえ、時間内にお越しください。

1月中

市民体育館(小体育室 1階)

金曜日 午後6時~8時

土曜日 午前10時~正午、午後1時~午後5時

2月中

市民体育館(大体育室 3階)

火曜日 午後2時~5時

土曜日・日曜日・祝日 午前10時~正午、午後1時~午後5時

市立図書館(4階)

水曜日 午後2時~5時

土曜日・日曜日・祝日 午前10時~正午、午後1時~午後5時

新たに拡大する予約枠は水曜日午後1時に更新し予約受付を随時行います(新規公開のない週もございます)。

会場案内はこちら

 

 

集団接種への来場は指定時間の20分前に!

 会場に早く到着しすぎると、待合スペースが混雑するほか、熱中症を引き起こすおそれがあります。

 会場へは、指定された時間の20分前を目安にお越しいただきますようご協力をお願いします。

 

個別接種(医療機関での接種)

 医療機関により、対象者や予約方法が異なります。

 

国の大規模接種

 3回目接種を2月7日より実施予定です

大阪府の大規模接種

 3回目接種を1月25日より開始しています

 

 

 

接種までの流れ

ワクチン接種は事前予約制です。

(1)現在、12歳以上の方に接種券を送付済です。

(2)専用Webサイトまたは電話(フリーダイヤル)で接種日時を予約する。
  詳しくはこちら → 新型コロナワクチン接種予約について

(3)予約できた日時に会場へ行き、接種を受ける。

※接種券が届いてからでないと接種予約はできません。

 

 守口市公式LINEから予約専用Webサイトに簡単アクセス!

 この機会にぜひ友だち登録をお願いします!

  LINEQRコード  

 ↑このコードをスマートフォンで読み取り、友だち追加をしてください!

 

集団接種会場でのワクチン廃棄防止のために

 コロナワクチンもったいないバンク(予約キャンセル待ちリスト)の受付を行っています。キャンセルが生じた際にはその受付をもとに市民の方をご案内します。

 コロナワクチンもったいないバンク(予約キャンセル待ちリスト)の登録はこちら

 なお、守口市での当日キャンセルは次の順序で対応し、ワクチン廃棄を防ぎます。

  1.コロナワクチンもったいないバンク(予約キャンセル待ちリスト)に登録の市民
  2.接種会場に出務している医療従事者
  3.接種会場の運営に従事する市職員等

 

接種券等に関する各種手続き          

 

ワクチン接種に関するお問い合わせ

 

新型コロナワクチンとは

 

ワクチン接種対象者および順位

 新型コロナウイルスワクチン接種の対象は、12歳以上の人です。(令和3年6月8日現在)
接種は、国が示した順位に従い実施しています。

 (1)医療従事者等(大阪府で一元的に実施)
 (2)75歳以上の高齢者(令和3年度中に75歳に達する、昭和22年4月1日以前に生まれた人)
  →3月31日(水曜日)に接種券を発送済です。

 (3)65歳以上の高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた人)
  →5月17日(月曜日)に接種券を発送済です。

 (4)それ以外の人(市民)
  →16歳以上の方は6月22日(火曜日)に接種券を発送済みです。

  →12歳から15歳の方は8月23日(月曜日)に接種券を発送済みです。

 ※10月以降に12歳を迎える人は、誕生日の前月に接種券を発送する予定です(接種は12歳を迎えてからしか受けられません)。

 

 

接種回数・費用

 接種は2回必要で、費用は無料です。全額公費で接種を行います。

 接種予約も費用はかかりません。(コールセンターへの通話料、インターネット通信料などは自己負担となります。)


   

保育士・教員・障害児通所支援事業所従事者等の計画接種

 子どもたちを感染から守るため、日常的に子どもたちと関わる守口市内の保育所(園)や幼稚園、小・中学校、障害児通所支援事業所等で勤務する人へ、7月26日から計画接種を実施しました。

 

海外在住で守口市に一時帰国する人の接種について

 

守口市民の接種状況

 

新型コロナワクチンに関する詐欺に注意!

 新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、「接種に予約金が必要」などと金銭を要求する不審な電話が相次いで報告されています。保健所職員や市役所職員などを名乗り、高齢者宅を狙う手口が共通しています。

 保健所や市役所が個人に対して、新型コロナウイルスのワクチン接種をあっせんすることは絶対にありません。また、ワクチンの接種費用は政府によって国の全額負担となることが決まっています。

 もしこのような電話がかかってきても、慌てて対応せず、知人や家族、警察(守口警察署:06-6994-1234)、守口市消費生活センター(06-6998-3600などに必ずご相談ください。

 新型コロナウイルスのワクチン接種に便乗した詐欺に注意!【守口警察署ホームページ】

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ピックアップ