現在の位置

後期高齢者医療制度に係る保険料の賦課誤りについて

後期高齢者医療制度に係る保険料の賦課誤りについて

 令和2年度及び令和3年度の後期高齢者医療保険料の賦課誤りが一部発生していることが過日、判明いたしました。この誤りにより、関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたこととともに、被保険者の皆様にご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

 

【概要 及び 要因】

(1) 概要

 保険料の賦課計算を行う大阪府後期高齢者医療広域連合(以下「広域連合」という。)に対し、一部の被保険者の所得情報が本市から送付されていなかったため、広域連合が未申告者として保険料額を算定し、通知してしまったもの。

(2) 原因

 本市の賦課算定のシステムは、1月1日時点で守口市に住所を有していない者の所得情報が抽出できないため、広域連合の端末に所得情報を本市として直接入力する必要があったところ、それができていなかったことによるもの。

 

【影響(件数及び金額)】

保険料再計算の結果

令和2年度

令和3年度

合計

人数

金額

人数

金額

人数

金額

保険料が減額となる方

1人

31,565円

13人

477,957円

14人

509,522円

保険料が増額となる方

(追加で納付をお願いする方)

0人

0円

5人

936,705円

5人

936,705円

 

【対応】

 対象となる被保険者の方々全てに連絡を取り、保険料の賦課誤りがあったことについてお詫びの上、適正な保険料額への変更について説明し、了承を頂きました。

 今後このようなことがないよう、市として事務手続の改善を図り、再発防止に努めてまいります。

 

【問い合わせ先】

守口市市民生活部保険課

電話:06-6992-1545

お問い合わせ先
守口市役所市民生活部保険課
〒570-8666 大阪府守口市京阪本通2-5-5 
守口市役所2階南エリア
電話番号 
06-6992-1545
      
保険課へのメールによるお問い合わせはこちらから

(市への要望、お問い合わせは「市民の声」をお使いください)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか