現在の位置

学校教育目標

はじめに

本学園は、歴史ある旧滝井小学校・春日小学校を統合したさつき小学校と開校68年で幕を閉じた旧第三中学校が、ひとつになってこの4月より、小学校・中学校という校種の壁を超えた義務教育学校として、新たな一歩を踏み出しました。このさつき学園では、子どもたちの義務教育9年間の学びと育ちをつなぐ教育活動を全教職員が一丸になって取り組んでいきます。

小中一貫教育の目的は「義務教育の9年間でどんな力をつけるのか」「15歳までにどんな子どもを育てるのか」ということを、子どもたちの現状をふまえ、小中学校の教職員が一緒になって考えることから始まります。

そして、子どもの発達段階に応じた指導を行いながら、日々の授業づくりを共有し、子どもの豊かな学びと心を耕していかなければなりません。このさつき学園の整備された素晴らしい、施設一体型の教育環境を効果的に活用するとともに6・3制を基本にした前期課程・後期課程の教育課程を編成し教育活動を進めます。

また、旧第三中学校から引き継ぐ「夜間学級」との世代間交流やさつき学園校区の協力的な地域の力を様々な異年齢交流や活動を通じ、地域の風として取り入れていきます。子どもたち自らが学び共に育ち9年間で培った生きる力を基盤にし、たくましく人生を生き抜く人材を育成するためさつき学園教職員が「チームさつき」となり取り組んでいきます。

学校教育目標

自らを高め 共に学び共に育ち たくましく未来を切り拓く児童生徒の育成』

《めざす学校の姿》
『すべての子どもたちが 世代を超えた人たちとつながり生涯学び続け生きる力を育む学園』

《めざす子ども像》

  1. 自ら判断し、言葉によって伝え互いに協力し合える子
  2. 自分を大切にし 互いの違いを認め合い高め合える子
  3. 目標に向かって学び続けられる子

学校経営の方針

基本的な考え方
『3つのつながりを実践していく』
  1. 義務教育学校「さつき学園」における学校経営の基本的な考え方の一つ目は学びをつなげる一体となった施設のメリットを最大限に生かし、前期後期の教職員が協働して、機能的な指導体制を創りあげていくこと。また、充実したICT機器等を活用し多様な学習形態により、子どもたちが共に学び共に育つ教育活動を実践すること。
  2. 二つ目は人がつながる“さまざまな世代の人とつながる”環境を生かし、専科指導や総合的な学習等において多様な異学年交流の場(夜間学級を含み)を設定し、学習意欲の向上や豊かな心を育てる教育活動を実践すること。
  3. 三つ目は、地域とつながる“地域力を生かせる場(空間)”を活かし、様々な異年齢の交流活動を通じ、学校と地域をつなぎ、『学校の応援団』となり得る地域コミュニティづくりを目指すこと。

学校経営計画『スクールプラン』

スクールプラン(PDF:308.3KB)

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
守口市立さつき学園
〒570-0055 
大阪府守口市春日町13-26
電話番号 
06-6991-0440
夜間学級直通 
06-6991-0637

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。