現在の位置

【小児対象】B型肝炎

対象者

 1歳に至るまでの間にある者 (1歳のお誕生日の前日まで)

※ただし、下記の対象外の人に当てはまる場合は、対象にはなりません。

 
対象外の人 B型肝炎の母子感染(垂直感染)予防のためグロブリン
とB型肝炎ワクチンの投与を受けている人

 

標準的な接種時期

 生後2か月に至ったときから開始し、生後9か月までに3回接種を完了することが望ましいと考えられています。

 

接種回数

3回

 

接種間隔

2回目は、1回目から必ず27日(4週)以上の間隔をあける。

3回目は、1回目から必ず139日(20週)以上の間隔をあける。

 

接種場所

 北河内5市内(守口市、門真市、寝屋川市、大東市、四條畷市)の委託医療機関

 ※医療機関一覧は、下記リンク先「予防接種について」の『接種場所』に掲載しています。

  下記リンク先より、ご参照ください。

予防接種について

 

B型肝炎とは

 「B型肝炎」は、B型肝炎ウイルスの感染で生じ、「急性肝炎」と「慢性肝炎」があります。

 「急性肝炎」を発症した場合は症状が出ないこともありますが、急激に悪化し、黄疸や出血があらわれやすくなり、まれに命に関わる劇症肝炎を起こすこともあります。「慢性肝炎」を発症した場合、後に肝硬変や肝細胞癌へ進行することもあります。とくに子どものときに感染すると、免疫力が弱いため持続感染(キャリアー化)しやすく将来慢性肝炎を発症する場合があるといわれています。
 感染経路は、母子感染(垂直感染)と水平感染があります。

 母子感染は出産時に感染しますが、すでに予防のための対策がおこなわれています。

 水平感染は日常生活の中で、身近な人から感染をする場合をいいます。今回開始されるB型肝炎の予防接種は水平感染の予防を目的としています。

 抗体獲得率の高い対象の時期に接種して、予防を心がけることが大切です。

 

 

B型肝炎について詳しく知りたい方へ

詳しくは、下記リンク先の厚生労働省のホームページをご参照ください。

【厚生労働省】B型肝炎

お問い合わせ先
守口市役所健康福祉部健康推進課
〒570-0033 大阪府守口市大宮通1-13-7 
市民保健センター3階
電話番号 
06-6992-2217 
06-6992-2422

健康推進課へのメールによるお問い合わせはこちらから

(市への要望、お問い合わせは「市民の声」をお使いください)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか