現在の位置

【小児対象】ヒブ(Hib)、小児用肺炎球菌

対象者

 生後2か月から5歳に至るまでの間にある者

 (5歳のお誕生日の前日まで)

 

標準的な接種時期

 初回接種開始は、生後2か月から7か月の間が望ましいと考えられています。

 

接種場所

 北河内5市内(守口市、門真市、寝屋川市、大東市、四條畷市)の委託医療機関

 ※医療機関一覧は、下記リンク先「予防接種について」の『接種場所』に掲載しています。

  下記リンク先より、ご参照ください。

 

予防接種について

 

接種回数・接種間隔

初回接種の開始時期により、接種回数・接種間隔のルールが異なります。

詳しくは、下記のPDFをご確認ください。

接種対象者・回数・間隔一覧表(PDF:80.9KB)

 

ヒブ(インフルエンザ菌b型)ワクチンについて

 細菌性髄膜炎を起こす菌の1つで、年間約600人が発症し、約30%に重度の後遺症を残すと推定されています。

 生後4か月〜1歳代に発症者が多く、全体の約半数を占めています。

 このワクチンは、重症化を予防するものです。

副反応について

  • 接種部位の発赤、はれ、しこり、疼痛など
  • 全身症状では発熱、不機嫌、食欲低下など

 

小児用肺炎球菌ワクチンについて

 ヒブと同様に細菌性髄膜炎を起こす菌の1つで、年間約200人が発症しています。

 生後3か月〜5歳ころまでがかかりやすいと言われます。

 肺炎球菌は種類が多く、中でも子どもがかかると重症化する7種類 (平成25年11月からは13種類)に対応したワクチンです。

副反応について

  • 接種部位の紅斑、はれ、しこり、疼痛など
  • 全身症状では発熱、易刺激性など

ヒブ(Hib)・小児用肺炎球菌について詳しく知りたい方へ

詳しくは、下記リンク先の厚生労働省のホームページをご参照ください。

【厚生労働省】Hib(ヒブ)感染症

【厚生労働省】肺炎球菌感染症(小児)

お問い合わせ先
守口市役所健康福祉部健康推進課
〒570-0033 大阪府守口市大宮通1-13-7 
市民保健センター3階
電話番号 
06-6992-2217 
06-6992-2422

健康推進課へのメールによるお問い合わせはこちらから

(市への要望、お問い合わせは「市民の声」をお使いください)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。