現在の位置

HPV(子宮頸がん予防)ワクチンのキャッチアップ接種

令和4年度から令和6年度に、HPVワクチンのキャッチアップ接種を実施

 子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年度から令和3年度の間、積極的な接種勧奨を差し控えていました。

 令和3年11月26日付けの厚生労働省の通知により、子宮頸がん予防ワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ることが認められたとして、子宮頸がん予防ワクチンの接種勧奨差控えを終了する方針が示されました。

 これに伴い、接種勧奨を差し控えしていた期間に、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種の機会を逃した平成9年4月2日から平成18年4月1日までに生まれた女性を対象に、令和4年4月から令和7年3月までの期間限定で、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種の対象とするキャッチアップ接種を実施します。

 接種を希望する方は、令和7年3月31日までの間に限り、無料で接種できます。

  以下に掲載しているリーフレットをよくご覧いただいた上で、北河内5市内の委託医療機関へ直接お申込みください。

 

HPVワクチンのキャッチアップ接種にかかるリーフレット

HPVワクチンキャッチアップ接種のリーフレット(PDF:5.6MB)

【厚生労働省】ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種を逃した方へ

【厚生労働省】厚生労働省関係審議会議事録等 厚生科学審議会

子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がん予防ワクチンについて、詳しく知りたい場合は、下記のリンク先「HPV(子宮頸がん予防)ワクチン接種勧奨差し控えの終了」および厚生労働省のホームページをご参照ください。

 

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防(HPV)ワクチン)

【厚生労働省】ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~

HPVワクチンキャッチアップ接種の事業概要

対象者

平成9年4月2日から平成18年4月1日の間に生まれた女性で、

かつ、子宮頸がん予防ワクチンの全3回の接種が完了していない方

対象外

 子宮頸がん予防ワクチンを全3回とも接種済の方(任意接種を含む)は、対象外となります。

 

子宮頸がん予防ワクチン任意接種費用の償還払い

 定期接種の対象年齢を過ぎてから(高校2年生相当年齢以降)令和4年3月31日までの間に、接種費用を負担して、任意接種として子宮頸がん予防接種を受けた方への償還払いにつきましては、下記のリンク先をご確認ください。

HPV感染症に係る予防接種(任意接種)費用助成金交付事業

 

接種期間

令和4年4月1日から令和7年3月31日

 

接種場所

北河内5市内(守口、門真、寝屋川、大東、四條畷)の委託医療機関

 委託医療機関の一覧は、下記リンク先「予防接種について」に掲載していますので、ご確認ください。

 

予防接種について

申込方法

委託医療機関へ直接お申込みください。

 事前予約制の医療機関や実施を取りやめる医療機関もあります。

 必ず事前にご連絡の上医療機関に出向いてください。

 

 また、全国で接種希望者が殺到する可能性があり、ワクチンの供給状況によっては、医療機関に十分な量のワクチンが入荷されない状況も想定されます

 このため、すぐには予約がとれないこともありますので、ご理解・ご協力いただきますようよろしくお願いします。

 

接種費用

無料

 

持ち物

1. 母子健康手帳

    過去の接種履歴の確認と今後の接種記録の記載のために必要です。

2. 本人確認書類(マイナンバーカード・運転免許証等)

    対象者(氏名、住所、生年月日)確認のために必要です。

なお、予診票は委託医療機関にありますので、持参する必要はありません。

 

接種回数・接種間隔

 過去(令和4年3月31日以前)に、子宮頸がん予防ワクチンを接種したことのある場合(任意接種を含める)は、その接種歴により、接種するワクチンの種類・残りの接種回数が異なります。詳しくは下表のとおりです。

 なお、新たに販売開始した子宮頸がん予防ワクチン「シルガード」につきましては、定期接種での使用について国で検討中のため、現在定期接種では使用できません

ワクチンの種類

接種歴

残りの接種回数

法律上の接種間隔

サーバリックス

過去に全く接種していない人

3回

1か月以上の間隔をおいて2回接種し、3回目は1回目から5か月以上、かつ2回目から2か月半以上の間隔をおいて接種。

過去に1回接種した人

2回

1回目の注射から1か月以上の間隔が空いていることを確認のうえ2回目を接種し、1回目から5か月以上、かつ2回目から2か月半以上の間隔をおいて3回目を接種。

過去に2回接種した人

1回

1回目から5か月以上、かつ2回目から2か月半以上の間隔があいていることを確認のうえ3回目を接種。

過去に3回接種した人

0回

接種不要。

ガーダシル

過去に全く接種していない人

3回

1か月以上の間隔をおいて2回接種後、3回目は2回目から3か月以上の間隔をおいて接種。

過去に1回接種した人

2回

1回目の注射から1か月以上の間隔があいていることを確認のうえ2回目を接種し、2回目から3か月以上の間隔をおいて3回目を接種。

過去に2回接種した人

1回

2回目から3か月以上の間隔があいていることを確認のうえ3回目を接種。

過去に3回接種した人

0回

接種不要。

 

 

 

子宮頸がん(HPV)予防ワクチン相談窓口

大阪府の相談窓口

 受付日時

 月曜日から金曜日(祝日、年末年始(12月29日~1月3日)を除く)
 9時30分~12時、13時~17時

 

詳細は、下記のURLから、大阪府のホームページをご参照ください。

 

【大阪府】ヒトパピローマウイルス感染症(HPV)ワクチン(子宮頸がんワクチン)の接種後に症状が生じた方に対する相談窓口等について

お問い合わせ先
守口市役所健康福祉部健康推進課
〒570-0033 大阪府守口市大宮通1-13-7 
市民保健センター3階
電話番号 
06-6992-2217
06-6992-2422(公害専用ダイヤル)

健康推進課へのメールによるお問い合わせはこちらから

(市への要望、お問い合わせは「市民の声」をお使いください)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。