現在の位置

お問い合わせ

守口市相談センター

 令和3年3月15日9時より、「守口市新型コロナウイルスワクチン接種相談センター」を開設しています。   

 接種にあたってのご質問や、接種券を紛失された場合の再発行、予約サイトのパスワードを忘れてしまいご自身でリセットできない場合などの相談を受け付けています。

 守口市新型コロナウイルスワクチン接種相談センター

 電話番号:0120-365-285

※かけ間違いが多発しています。お電話前に再度番号をご確認ください。

 受付時間:土・日、祝日を含む毎日9時~17時30分(年末年始(12月29日から1月3日)を除く)

※相談センターにお電話していただいても予約は取れません。予約をしたい方は予約専用フリーダイアル(0120-166-685)にお電話するか、予約サイトをご利用ください。

 

大阪府

 令和3年4月1日より府民からの問い合わせにも対応しています。医学的知見が必要となる専門的な相談や、接種後の副反応に関しての問い合わせはこちらをご利用ください。(聴覚障がいをお持ちの方はファクスをご利用ください。)

大阪府ワクチン専門相談窓口

電話番号:06-6635-2047 または 0570-012-336

ファクス:06-6641-0072 

受付時間:24時間(土・日、祝日も実施)

 

厚生労働省

 令和3年2月15日9時より、国においても新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口が設置されました。このコールセンターでは国民、医療機関からの新型コロナワクチンに関する問い合わせに対応しています。

 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

 電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

 受付時間:9時~21時(土・日、祝日も実施)

(注)聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。

 

接種のために一時帰国される方について

 海外から日本国内(守口市)に一時帰国している人が接種を希望する場合について、下記のとおり案内します。

1 成田空港または羽田空港内での接種

 令和3年8月1日から、日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等の人の中で、在留先での新型コロナウイルスのワクチン接種に懸念等を有し、日本に一時帰国してワクチン接種を行うことを希望する人を対象に成田空港及び羽田空港においてワクチン接種事業を実施しています。

 予約方法など詳しい情報は、外務省のHP「日本での新型コロナウイルス・ワクチン接種を希望する海外在留邦人等の皆様へのお知らせ」よりご確認ください。

2 守口市内で接種を希望する場合

 日本国籍を有しており、海外から日本国内(守口市)に一時帰国している人で、守口市に住民登録がない人は、以下の必要書類をご準備いただき、接種券発行をご申請ください。

※新型コロナウイルスのワクチン接種を受けるには、原則として、住民登録を行った上で接種券発行をご申請いただく必要があります。住民登録については、総合窓口課(06-6992-1525)にご相談ください。

【必要書類】

1 1-5回目接種券発行申請書  Word版申請書

  ※申請理由は「その他」にチェックの上、「一時帰国」と記入してください。

2 住民票が日本国内に無いことを証明できる書類(戸籍の附票など)

3 居住地(守口市)の住所が確認できる書類(公共料金の領収書など)

4 旅券(パスポート)の顔写真ページの写し

・申請書の提出先

 守口市新型コロナウイルスワクチン接種相談センター

〒570-0033 大阪府守口市大宮通1-13-7 市民保健センター3階

(電話番号:0120-365-285、土日祝日含む毎日9:00~17:30)

※申請を受理してから、1週間程度で接種券を発送します。

 

コロナウイルスに感染された方のワクチン接種について

 コロナウイルスに感染された方がワクチンを接種するまでに必要な期間は定められていませんが、厚生労働省から、感染から3か月の間隔をあけて接種することを一つの目安として示しております。

 ただし、感染から体調が回復後または隔離解除後、3ヶ月の期間をあけずに接種を希望する場合は、その治療内容や感染からの期間にかかわらずに接種を受けることができます。(前回接種日から既定の間隔は必ず空ける必要があります。)

詳しくはこちら→ 厚生労働省 Q&A

 

守口市へ転入/守口市から転出の予定がある方へ

・守口市に転入される方へ

 転入前にすること(必要な方のみ)

 接種の証明は接種時に住民票を置いていた自治体が行います。接種済証がない場合やワクチンパスポートが必要な場合は、事前に転入前住所地で申請してください。(アプリで発行することも可能です。発行した証明書を画像として保存し、紙に印刷することも可能です。アプリを利用するためにはマイナンバーカードが必要です。)

 転入後にすること(全ての方) 

 転入届を提出した後、転入前の自治体が発行した接種券は使用できません。市役所3階新型コロナワクチン接種推進室にて申請を行うか、各種手続きをお読みの上申請をお願い致します。

※申請内容や接種記録の確認には、時間を要する場合があります。接種を希望される方は、お早めに申請をお願いします。

 

・守口市にから転出される方へ

 守口市が送付した接種券は転出後使用できませんので、転出先の自治体に申請をお願い致します。申請方法等は転入先の自治体にお問い合わせください。

※接種を受けられた際に返却した「新型コロナウイルスワクチン接種予防接種済証(臨時接種)」は、接種した事実を証明するものですので、転出された後も大切に保管してください。

 

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。