新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金について

傷病手当金の給付

  給与等の支払いを受けている被保険者が新型コロナウイルス感染症に感染した場合または発熱等の症状があり当該感染症の感染が疑われる場合において、働くことができず、給与等の全部または一部を受けることができなくなった場合、傷病手当金を支給します。

 申請を希望される場合は、まずは必ずお電話でご相談ください(申請書一式、記入例、返信用封筒を送付します)。

対象者

以下のすべてを満たす方

●守口市国民健康保険に加入している

●勤務先から給与等の支払いを受けている

●新型コロナウイルス感染症に感染したまたは発熱等の症状があり感染が疑われ、療養のため働くことができず、給与等の全部または一部を受けることができない

支給期間(支給対象となる日)

 働くことができなくなった日から起算して3日を経過した日から、働くことができない期間のうち、就労を予定していた日

支給額

  (直近の継続した3か月間の給与収入の合計額を就労日数で除した金額)×2/3×日数(支給対象となる日数)

※給与等の全部または一部を受けることができる場合は、支給額が調整される場合や、支給されない場合があります。

※1日当たりの支給額には上限があります。

適用

・ 令和2年1月1日~令和4年12月31日の間で療養のため働くことができない期間

・ 入院が継続する場合等は、最長1年6か月まで適用されます。

※1か月を超えて自宅療養しているなど、傷病手当金の給付期間が長期となる場合は、詳細について本人及び事業主の方に確認させていただく場合があるため、給付決定にお時間をいただく場合があります。

※令和4年12月31日まで延長されました。

申請

 申請には国民健康保険証(郵送の場合は保険証のコピー)、医師の意見書 (医療機関を受診した場合)及び事業主の証明が必要となります。

 申請を希望される場合は、まずは必ずお電話でご相談ください(申請書一式、記入例、返信用封筒を送付します)。

 申請書一式、記入例は、下記からもダウンロードできます。

※新型コロナウイルス感染症の急激な感染拡大を踏まえ、令和4年8月9日以降に申請を受け付けたものについては、当面の間、臨時的な取扱いとして、医療機関記入用の申請書の添付は不要とします。 ただし、被保険者記入用申請書の事業主記入欄に、被保険者が療養のため労務に服すことができなかった旨の事業主の証明が必要となります。

なお、傷病手当金の支給申請は、労務不能であった日ごとにその翌日から起算して2年で時効となりますので、ご注意ください。

傷病手当金支給申請書兼請求書(世帯主記入用)(PDF:109.3KB)

傷病手当金支給申請書(被保険者記入用)(PDF:107.8KB)

傷病手当金支給申請書(事業主記入用)(PDF:265.6KB)

傷病手当金支給申請書(医療機関記入用)(PDF:127.7KB)

お問い合わせ先
守口市役所市民生活部保険課
〒570-8666 大阪府守口市京阪本通2-5-5 
守口市役所2階南エリア
電話番号 
06-6992-1545
      
保険課へのメールによるお問い合わせはこちらから

(市への要望、お問い合わせは「市民の声」をお使いください)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。