現在の位置

子ども医療費助成制度

  市では、子育て支援の充実を図るため、平成27年4月1日より通院に係る医療費に対する助成を中学校卒業(15歳に達する日以降の最初の3月31日)まで拡充、所得制限の撤廃を行いました。

 また、名称を「乳幼児医療費助成制度」から「子ども医療費助成制度」に変更しました。

 

助成内容

 健康保険が適用される医療費の自己負担額を助成します。

 ただし、1医療機関あたり月2日を限度とし、入院・通院各1日につき最大500円の一部自己負担額が必要です。

 1か月の一部自己負担額の合計が2,500円を超えた場合、払い戻し請求により超過分を助成します。

 入院時の食事療養費、および院外処方箋による薬局については、ご負担はありません。

 

対象となる方

 市内にお住まいで、健康保険に加入している0歳から中学校卒業(15歳に達した日以降、最初の3月31日)までの子どもが対象です。

ただし、次のいずれかに該当する場合は対象となりません。

・生活保護法により保護を受けている人

・児童福祉法に基づく措置により医療費の支給を受けている人

・障害者医療、ひとり親家庭医療を受けることができる人

 

有効期間

 子ども医療証の有効期間は申請月の月初めから中学校卒業(満15歳に達する日以後における最初の3月末日)までとなっています。

 月の途中で住民票または戸籍の異動があった場合は、その異動日が有効期間の開始年月日になります。

 なお、やむを得ない理由等により申請手続きに時間を要した場合は子育て支援課へお問い合わせください。

 

申請方法

 医療費の助成を受けるには、「子ども医療証」の交付申請が必要です。次のものを用意して子育て支援課で申請してください。

また、所得の有無にかかわらず、必ず市府民税の申告を済ませておいてください。

1.子どもの健康保険証

2.印鑑(スタンプ・インク式は不可。必ず朱肉を使うもの)

3.対象者が就学前児童の場合のみ保護者の課税証明書(不要となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。)

注意:配偶者控除を受けている場合は、配偶者の課税証明書は不要です。

課税証明書は府補助事業の対象か否かを判定するために必要になります。

 

代理人申請の場合は、委任状と代理人の本人確認できる書類(健康保険証、運転免許証など)が必要です。

また、郵送でも可能です。

 

医療費の払い戻しについて

 病院で医療費を支払った場合は、診療月の翌月以降に次のものを用意して子育て支援課で申請してください。

自己負担額から一部自己負担額を差し引いた額を口座振込でお支払いします。

1.領収書(受診者名、診療年月日、保険診療点数、領収金額などの記載のあるもの)

2.子ども医療証

3.子どもの健康保険証

4.保護者名義の通帳

5.印鑑(スタンプ・インク式は不可。必ず朱肉を使うもの)

注意:高額療養費や療養附加金に該当する場合は、支給決定通知書等も必要です。

 

届出が必要な場合

適正な医療給付を行うため、下記に該当される場合は必ず届け出てください。

・加入している健康保険が変わったとき

 (健康保険証に記載の記号番号の変更も届出が必要です。)

・市内で住所が変わったとき

・氏名が変わったとき

・保護者が変わったとき

・交通事故などによって医療機関にかかるとき

・障害者医療又はひとり親家庭医療に該当するようになったとき

・市外へ転出したとき

・生活保護を受けるようになったとき

・健康保険の資格がなくなったとき

 

転出等で資格が無くなった時は、子ども医療証を返却して下さい。資格が無いまま子ども医療証をお使いになりますと、助成額を返還していただくことになりますのでご注意ください。

 

申請書ダウンロード

子ども医療証交付申請書(PDF:214.7KB)

お問い合わせ先
守口市役所 こども部 子育て支援課
〒570-8666 大阪府守口市京阪本通2-5-5 守口市役所3階北エリア
電話番号 06-6992-1647(支援係)
     06-6992-1655(相談係)

子育て支援課へのメールによるお問い合わせはこちらから

(市への要望、お問い合わせは「市民の声」をお使いください)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。