現在の位置

子育て・教育

市立幼稚園及び市立保育所の再編整備をすすめています

就学前子どもの人口の減少を踏まえるとともに、待機児童の解消を図りながら、教育・保育の質を高めるための取組を実施するため、市立幼稚園及び市立保育所の再編整備をすすめています。

小・中学校の再編整備をすすめています

近年の少子化を背景として児童生徒数減少し、学校の小規模化が進むなか、学校規模の適正化を進めるとともに、より良い教育環境を整備するため、小・中学校の再編整備をすすめています。

中学校卒業までの子どもの医療費の一部を助成しています

子どもが病気などにより医療機関等で受診や入院した場合の医療費の一部を、中学校卒業まで助成しています。

詳細についてはこちらをご覧ください。

ひとり親家庭医療費助成

妊婦の健康を支援する取組を行っています

妊婦1人あたりの健康診査に対する費用の助成(上限額12,000円 ※大阪府内で最高水準の金額です)や、妊婦の口腔疾患及び将来的な胎児の虫歯等の予防を行うため、妊婦歯科健康診査を実施しています。

詳細についてはこちらをご覧ください。

一時預かり事業を実施しています

認定こども園、幼稚園及び保育所において、保護者の就労や体調不良、冠婚葬祭等の理由で一時的に昼間の保育が困難な場合に、必要な保育を提供しています。

詳細についてはこちらをご覧ください。

子育て

子育て支援センターでは子育てを支援する様々な取組を実施しています

子育てに関する相談や情報の収集・提供、講座・講習会等の開催、子育てサークル、子育てボランティア等の育成・支援などを実施しています。就学前の子どもとその保護者が交流や情報交換のできる場の提供や、子育てサークルへの絵本やおもちゃの貸出しなども行っています。

詳細についてはこちらをご覧ください。

子育て支援センター

子育て中でも安心して外出できるように「赤ちゃんの駅」の整備をすすめています

授乳やおむつ交換ができる場所を無料で提供できる「赤ちゃんの駅」を市役所や商業施設等に整備しています。また、乳幼児を連れた保護者でも参加できるイベント等に「移動式赤ちゃんの駅」を貸出しを行っています。

移動赤ちゃんの駅

詳細についてはこちらをご覧ください。

 

子育て支援センター

ファミリーサポートセンター事業を実施しています

お子さんを一時的に預かってほしい人(依頼会員)とお子さんを預かって下さる人(協力会員)をファミリーサポート会員として登録し、会員同士が助け合いながら、保育所のお迎え・冠婚葬祭・学校行事などへ参加する際に、一時預かりを行っています。

詳細についてはこちらをご覧ください。

 

ファミリーサポートセンター

安全で安心して過ごせる放課後等のこどもの居場所を提供しています

児童が放課後等に学校の施設を利用して、安全で安心して過ごせる環境を提供し、地域との交流や遊び等を通じ、児童の創造性・自主性及び協調性を育み、健全な成長発達を図るため、全小学校でもりぐち児童クラブ事業を実施しています。

児童クラブの様子

児童クラブの様子

詳細についてはこちらをご覧ください。

 

もりぐち児童クラブ

子ども達を守るための活動への支援をおこなっています

子育て中の保護者の不安軽減のため、子ども達が身の危険を感じた時に助けを求めることができるように、通学路の沿道の地域の家庭・団体等の協力を得て、子どもの緊急避難場所としての役割を担う「こども110番の家」運動を推進しています。

市立小学校に通う子ども達の登下校時には、PTA及び地域団体のボランティアの方々による見守り活動への支援を行っています。

詳細についてはこちらをご覧ください。

 

教育コミュニティづくり

友好提携都市との子ども交流会を実施しています

本市と友好提携都市関係にある高知県東洋町及び和歌山県かつらぎ町の両町の子ども達と本市の子ども達との交流会を実施しています。

相互の生活環境を理解し、雄大な自然に触れることにより、その良さを実感するとともに、集団行動を通じて自主性や連帯感を養成し、より豊かな社会性を身につけてもらうことを目的としています。

東洋町では、雄大な海での海水浴、シュノーケリング、サーフィン体験などが行えます。かつらぎ町では、世界遺産である丹生都比売(にうつひめ)神社の探訪や、星空観察など行えます。

さまざまな外部人材を活用した学習支援を実施しています

教職員だけでなく、英語指導助手や英語教育支援員、大学生の学習支援サポーター等が連携し、授業を充実させながら放課後学習における子ども達の学習をサポートしています。

配慮を必要とする子どもをサポートしています

配慮を必要とする子どもが円滑に学校生活を送れるよう、教職員とともに特別支援教育支援員やスクールヘルパーがサポートしています。

地域に根ざした学校づくりをすすめています        

学校支援地域本部のボランティア活動により、本の読み聞かせや環境整備、あいさつ運動や体験学習など、学校・家庭・地域が連携して子どもの学びを支援する取組を進めています。

詳細についてはこちらをご覧ください。

 

教育コミュニティづくり

ICT教育を推進しています

全普通教室に電子黒板、書画カメラ、パソコンを整備しています。

授業の双方向性を高め、子ども達が互いに学び合い教え合う「協働教育」を通じ、学力向上を図っています。

詳細についてはこちらをご覧ください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか