現在の位置

生活支援サービス・車椅子貸与について

生活支援サービスについて

緊急通報機器貸与について

(イラスト)緊急通報機器

 おおむね65歳以上の一人暮らしの高齢者で、虚弱のため常時注意が必要な方に緊急通報機器を貸与します。

 緊急の時はボタンを押すだけで受信センターにつながり保健師等が状況を確認し、消防本部に連絡します。ただし、5分以内に緊急通報利用対象者のもとへ駆けつけることができる2名の協カ員が必要です。
 つきまして、申請時に「緊急通報機器協力員承諾書」の提出が必要です。

  • 利用者負担
    機器の利用料は自己負担(生活保護、非課税者は全額助成)。電話の基本料、通話料は自己負担です。

注意事項

  1. NTTアナログ回線以外の電話回線の場合は、「緊急通報機器誓約書」の提出が必要です。
  2. 次の電話回線は利用できません。
    (1)各社IP(050〜)電話回線
    (2)公衆電話回線
    (3)KDDIホームプラス電話回線

 

 

(写真)ペンダント型機器

(写真)通話装置

 

 

車椅子貸与について

(イラスト)車椅子

 おおむね65歳以上の在宅の高齢者で、歩行が困難な方及び、緊急に必要な方に、短期の間車椅子を貸与します。

 ただし、介護保険受給対象者は除きます。

  • 利用者負担
    無料

 

 

在宅福祉サービス申請書 ダウンロード

ダウンロードについては、下記の守口市・申請書ダウンロードよりお願いします。

 

守口市・申請書ダウンロードへ

 

【必要な申請書】

緊急通報機器貸与:「ひとり暮らし高齢者緊急通報機器設置申請書 」、「緊急通報機器協力員承諾書」

 

車椅子貸与の申請は直接窓口へお越しください。

 

 

お問い合わせ先
守口市役所健康福祉部高齢介護課
〒570-8666 大阪府守口市京阪本通2-5-5 
守口市役所3階北エリア
電話番号 
06-6992-1610(高齢福祉担当)
06-6992-1612 
06-6992-1613(介護福祉担当)
06-6992-4010(安否確認ホットライン)

高齢介護課へのメールによるお問い合わせはこちらから

(市への要望、お問い合わせは「市民の声」をお使いください)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか