現在の位置

名誉市民のご紹介

直原玉青氏のご紹介

直原玉青画伯

 直原玉青画伯は、明治37年(1904年)岡山県赤磐郡山方村に生まれ、昭和2年(1927年)大阪美術学校・矢野橋村門下に入りました。

 昭和5年(1930年)「遊魚」が南画院展に入選。「雨逆風襲」が帝国美術展初入選、以後日展には引続き16回入選しました。

 昭和35年(1960年)日本南画院創立に参加。 昭和43年(1968年)第8回日本南画院展で文部大臣賞を受賞し、重厚で緻密な造形力によって、奔放自在といわれる独自の画境を確立しました。

 1991年(平成3年)守口市名誉市民の称号を受け、平成4年勲三等瑞宝章、平成6年黄檗宗萬福寺本山より中興開山の称号と首座の法階を授かりました。

 日本南画院の重鎮であり、禅僧として、また、俳人としても著名な師が、没我に生きる句・画・禅一体の境地は見る人の心を惹きつけています。

お問い合わせ先
守口市役所企画財政部広報広聴課

〒570-8666 大阪府守口市京阪本通2-5-5 
守口市役所4階南エリア
電話番号 
06-6992-1353
06-6992-1356

広報広聴課へのメールによるお問い合わせはこちらから
(市への要望、お問い合わせは「市民の声」をお使いください)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか