現在の位置

【府指定有形文化財】守居神社刀(守居神社)

(写真)守居神社刀

 刀丈は、焼き幅の広い丁字乱れが特色で、茎(中子)に備中守橘康廣の銘があり、刀匠の一派近江石堂派から江戸時代の寛文年間(1661〜73年)ごろ大阪に出て大阪石堂派の祖となった康廣の代表作の1つに数えられています。

 昭和56年(1981年)に 大阪府指定有形文化財に指定されました。

(写真)つか

 守居神社は、延喜18年(918年)、淀川洪水のとき、西南石礫の渕で「我天道神也、我を祀れと振鈴の声で告があった」ので「土を居いて」お祀りしたのが始まりと伝えられ、社名は、守口と土居の各1字を用いて守居と呼称されています。

所蔵

守居神社(守口市土居町2番22号)

交通アクセス

京阪電車「土居駅」下車 徒歩約5分

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
守口市役所市民生活生涯学習・スポーツ振興課
〒570-8666 大阪府守口市京阪本通2-5-5 
守口市役所5階南エリア
電話番号 
06-6995-3158、06-6995-3159

生涯学習・スポーツ振興課へのメールによるお問い合わせはこちらから

(市への要望、お問い合わせは「市民の声」をお使いください)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか