現在の位置

一里塚跡

一里塚跡

 

 

3.一里塚跡

一里塚とは、江戸時代初期に五街道が整備された時、1里(約4キロメートル)ごとに街道の両側に土を盛って里程をはかる目印にしたもの。守口市の一里塚があったこの付近は、守口宿の「上の見附」にあたり、大名が宿泊したり、通過したりする時は、問屋や庄屋など、宿役人や村役人がこの一里塚まで送迎したということです。

 

所在地
住所 〒570-0093 守口市浜町2-7-9
アクセス
駐車場 なし

 

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか