現在の位置

【高齢者の皆さんへ】新型コロナウイルス感染拡大に伴う自粛生活の中で気を付けたいこと

新型コロナウイルス感染予防対策と生活不活発病について

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出や会食などを自粛されていることと思いますが、そのために高齢者の皆さんの活動量が低下してしまうことが懸念されています。

生活不活発病

体を「動かさない」状態が続くことによって、身体や頭の働きが低下して「動けなく」なることを生活不活発病といいます。

そのような状態が進むと、転倒による骨折などのリスクが高くなりますし、体の回復力や抵抗力が低下するため、感染症も重症化しやすい傾向にあります。

そうならないため、日常生活で買い物や掃除などの家事動作をする中で、意識的に体を動かしましょう。

また、ラジオ体操などの体操を生活に取り入れることも効果的です。

いろいろな体操をご紹介しますので、自分自身に合った体操を生活に取り入れてみてください。

 

ちょっとした運動を楽しく続けて、身体を守りましょう

カラダもココロもお元気に。守口市では、住み慣れた地域で自分らしく、いきいきと元気に年を重ねていくために、「カラコロ体操」を長年地域で行ってきました。

新型コロナウイルス感染症対策で行動が制限されることが増えている今、「カラコロ体操」の動画を公開しています。ぜひご覧になって、毎日楽しく継続しましょう。

自宅でできるボール体操・リズム体操・タオル体操

市内介護事業所のご協力により、自宅でできるボール体操・リズム体操・タオル体操の動画を作成しました。ぜひご覧になって、毎日楽しく継続しましょう。

 

 

 

自宅でできる転倒予防体操

自宅でできる転倒予防体操をご紹介いたします。

1~6の体操を10回ずつ1セットとして1日3回行いましょう。

毎日続けて、転倒予防に必要な筋力を鍛えましょう!

転倒予防体操1

転倒予防体操2

やってみよう!自宅でできる転倒予防体操 (PDF:1.3MB)

 

お問い合わせ先
守口市役所健康福祉部高齢介護課
〒570-8666 大阪府守口市京阪本通2-5-5 
守口市役所3階北エリア
電話番号 
06-6992-1610(高齢福祉担当)
06-6992-1612 
06-6992-1613(介護福祉担当)
06-6992-4010(安否確認ホットライン)

高齢介護課へのメールによるお問い合わせはこちらから

(市への要望、お問い合わせは「市民の声」をお使いください)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。