現在の位置

「守口市下水道事業における社会資本総合整備計画事後評価」の公表について

 守口市では、社会資本整備総合交付金を活用し、平成22年度から平成26年度の5か年で「守口市公共下水道事業(防災・安全)」に基づき、管渠及びポンプ場における耐震化、老朽化した設備の改築・更新、公共水域の水質保全のための合流式下水道改善などに取り組んできました。

 つきましては、当該社会資本総合整備計画期間が終了となり、これまでの事業の効果を検証し、目標をどの程度達成しているかを評価するため、平成28年1月18日(月曜日)から平成28年1月29日(金曜日)の期間でホームページや窓口等において「事後評価(案)」を公表し、意見等を求めましたが、意見はありませんでした。

 そこで、事後評価の結果について、ホームページにて公表いたします。

 

社会資本総合整備計画の事後評価報告(PDF:6.4MB)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。