現在の位置
  • ホーム
  • 災害対策情報
  • (再掲)避難所運営と新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのご協力について

(再掲)避難所運営と新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのご協力について

 6月から10月末までは「出水期」と呼ばれ、梅雨や集中豪雨、台風などの風水害が起こりやすい時期です。台風等が接近した場合や大地震の時には、市が避難所を開設します。

 しかしながら、今年度は新型コロナウイルス感染症の拡大防止に最大限の注意を払う必要があります。

 今年度においては、台風等に備えた自主避難のための避難所開設の際には、新型コロナウイルス感染症防止対策として、次のように対策を講じ市民の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。


 1. 施設の出入口を1箇所に限定します。

 2. できるだけ施設(主に学校)に多くの避難スペースを確保します。受付で健康チェックに基づく症状の有無、程度により避難スペースを区分し、動線及びトイレも分けます。

 3. 必要に応じてパーテーションを設置します。

 4. 受付で全員検温いたします。

 5. 検温の結果、37.5度以上の発熱がある方及び新型コロナウイルス感染症陽性者の濃厚接触者の方は避難所での避難はご遠慮頂き、自宅避難を求めます。

 ※ただし、市とは必ず連絡がつながるよう互いの連絡先を交換し、避難が必要な危険な状態になった時には市危機管理室に連絡いただければ、避難支援者が駆けつけます。

 6. 入口、避難スペース等各所に手指消毒液及び施設消毒液を配置し、避難者にも協力を頂き、こまめな消毒に努めます。


 

 以上のように、避難所での新型コロナウイルス等の感染拡大防止のため、十分な換気や設備の消毒、スペースの確保等、少しでも感染リスクが軽減するよう対策を実施して開設しますが、大地震等実際に災害が発生した場合ないしその危険性が高い場合(市が避難勧告や避難指示を発令しているような場合)は、“人命尊重を優先”し、すべての被災者に一旦、避難所に避難頂き、その後、健康状態を確認の上、トリアージ的に個々の避難施設に移って頂きます。市民の皆さまにも、自助としての感染防止対策をできるだけお願いいたします。

 市民の皆さまには、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、以下の点についてご確認をお願いいたします。

 

 

避難所への避難について

 

●在宅避難も有効な手段です。

 避難とは、「難」を「避」けることであり、避難所に行くことだけを指すものではありません。

 自宅の安全と思われる場所や親せき、知り合いの方の家等、安全な場所に避難することも考えておきましょう。

 

●健康状態の確認をお願いします。

 自分や家族などの安全を確保した後に、以下の症状がある方は、まず大阪府新型コロナ受診相談センター(電話06-7166-9911)にご連絡していただき、担当者の指示を受けてください。


1 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、37.5度以上の熱の症状のいずれかがある場合

2 高齢者、基礎疾患がある、透析を受けている、免疫抑制剤・抗がん剤を使用している方で発熱、咳などの比較的軽い風邪症状がある場合

3 妊婦の方で比較的軽い風邪症状がある場合

4 1~3以外の方で比較的軽い風邪症状が4日以上続く場合


(自宅避難頂く場合)

 上記症状がある方のうち、37.5度以上の熱がある方、新型コロナウイルス陽性者の濃厚接触者の方で健康観察中の方は、指定避難所への避難はご遠慮いただくこととします。ご自宅やその他安全な場所で避難していただくようお願いします。ご自宅等での避難がご不安な方は、避難所開設後、大阪府新型コロナ受信センターへの相談と共に、危機管理室(06-6992-1497)または立ち寄られた指定避難所での避難所運営従事者(市職員)にご連絡先をお伝えください。ご連絡先をお伝えいただきますと、市では、「自宅等避難者」として登録いたします。

 その上で、ご本人から何らかの緊急連絡があったときは、市が消防等とも連携しながら、救急搬送を含め支援を行う体制を整えております。

 避難所内での感染拡大を防止するためですので、ご理解をお願いします。

 

 

●指定避難所へ避難する場合の注意点

 避難所へ入室する前には必ず検温を実施します。ご協力ください。検温の結果、発熱や風邪症状が認められる場合は、まず上記受診相談センター等へ相談いただく場合がございます。

 避難所に避難するときは、以下のことをお守りください。


・マスク着用等咳エチケットの基本的な感染対策を徹底する。

・頻繁に手洗い・うがいを行う。

・個人で身の回りの清潔品(タオル、歯ブラシなど)を持参する。

・マスク、消毒液、手洗用石けん、体温計などの感染防止対策品や、スリッパ等の上履きと靴を入れるビニール袋等もできるだけ持参する。

※万が一、発熱や咳等の症状が発生した場合は、速やかに避難所運営従事者である市職員に申し出し、指示を受けてください。


(避難勧告等の場合)

 長雨等で寝屋川水系の水位が極端に上昇した場合などは市が、警戒レベル3(避難準備・高齢者等避難開始)、警戒レベル4(避難勧告、避難指示(緊急))、警戒レベル5(災害発生情報)を発令することがあります。これら指令を市が発令した場合には、緊急に命を守る必要がありますから、この場合はどなたでも、まずは避難所での受け入れを行います。

 ※大地震(震度5弱以上)が発生し、全ての市の指定避難所を自動開設した場合も同様です。

(自宅療養中の場合)

 新型コロナウイルス感染症に感染されている方(検査の結果、陽性の方)で自宅療養中の方は、避難されるときは、あらかじめ保健所から指示された施設に避難していただくことになっています。

 

 今一度、平時の事前準備及び災害時の対応を考えておきましょう。

お問い合わせ先
守口市役所危機管理室
〒570-8666 大阪府守口市京阪本通2-5-5 
守口市役所別館1階
電話番号 
06-6992-1496 
06-6992-1497

危機管理室へのメールによるお問い合わせはこちらから

(市への要望、お問い合わせは「市民の声」をお使いください)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか