佐太小学校

  本校は、昭和48年(1973年)4月6日に369名、教職員26名で開校しました。守口市で最も北に位置し、淀川の近く、国道1号線沿いにあります。最寄り駅は地下鉄とモノレールの「大日駅」になります。

  「よく考え、心豊かな 元気な子」の学校教育目標に向かって教職員みんなが、笑顔いっぱい、元気もいっぱい、みんなで伸びる学校を合言葉に子どもたちを育んでいます。めまぐるしく変化する社会において、自分でよく考え行動し、人との関わりの中で、友だちのよさも互いに認め合い、助け合える豊かな心を育んでほしいと願っています。

  また、地域と保護者と学校がつながり、「開かれた特色ある学校づくり」をめざし日々取り組んでいます。校区内にある特別養護老人ホームや障がい者支援センター、高齢者施設さんあい広場「さた」などとの世代間交流を通して、子どもたちは、自分たちの住む町である佐太校区の「佐太のええとこ」を発見し、より深い愛着を持っています。そして、校区の各種団体とPTAが一体となって、たくさんの体験活動に取り組んできたことも大きな特色です。

 今後とも本校の教育目標の充実・発展のため一層のご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

佐太小学校長 多井中 慶司

佐太小学校の1号館(4月)

 

佐太小学校の池

佐太小学校の池

 

佐太小学校の桜

佐太小学校の桜

 

佐太小学校のチューリップ

1号館下足前の花々

アクセス

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)