守口小学校校舎

 守口小学校は、創立明治5(1872)年という歴史と伝統のある学校です。「河内国第九区郷学校」として、難宗寺内に開校し、昭和22(1947)年「守口市立守口小学校」と呼ばれるようになりました。

 校区は守口市の中心部にあり、地下鉄谷町線「守口」駅から徒歩3分、京阪電車「守口市」駅から徒歩8分という利便性に加え、国道1号線が校区内を通っており、市役所をはじめとする各種官庁が徒歩圏内にあります。
  平成18(2006)年に土居小学校と合併し、新しい守口小学校としてスタート、鉄筋コンクリート造り4階建オープンスペース付教室、図書館、コンピュータ室、多目的室、エレベータ等が新築され現在に至ります。

 令和4(2022)年度に創立150周年を迎えます。

アクセス

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)