大久保中学校の校舎

新着情報

・校長通信 No.13 公開しました。(2月21日)

・校長通信アンケート集計結果 公開しました。(2月21日)

・平成28年度行事予定【3月】公開しました。(2月13日)

・進路指導 いよいよ入試だ~私立 公開しました。(2月13日)

・大久保中学校いじめ防止基本方針を公開しました。(2月1日)

 

詳しくは、メニューからご覧ください。

 


 

大久保中学校は、昭和48年(1973年)に、梶中学校より分離し開校しました。当時は、1・2年生のみ462名、11学級でのスタートでしたが、昭和58年には、在籍生徒数が1,325名、31学級と最大になり、現在の3倍以上の生徒たちが学校生活を送っていました。創立以来、1万余名の卒業生が巣立ち、各方面で活躍しています。

本校の校章は、外周が華々しい八角形の多面体です。これは市内8番目に創立された中学校であることにちなんでいます。また、「八」の字は、“末広がり”を意味し、本校のますますの発展と“八方”、“八達”と多面的な生徒の成長を期待しています。その中で、四つの方向の強調は、創立当時の教育目標『自主性』・『積極性』・『創造性』・「社会性」を示しています。

 現在は、新たに『人権尊重』・『学び力向上』・『生きる力』・『健康増進』という4つの教育目標を掲げ、今後、国際化・多様化がすすむ社会に対応するために、『大中生としての誇りを持ち、国際化社会で主体的に行動する生徒』の育成をめざしています。

 家庭や地域とのつながりを大切にした学校づくりを進めていきたいと考えておりますので、今後とも本校の教育活動に御理解と御支援をお願い致します。

アクセス