本校は昭和55年(1980年)4月に守口市立第四中学校から分離し、守口で10番目の中学校として開校しました。守口市の南部に位置し、近くには鶴見緑地があり、緑にあふれ心地よい自然の風が流れる学校です。

  学校教育目標は、創立以来、『自己を含めた、全てのものの生命を尊重する人間の育成』と不易で、これからの時代にも大切にしたい錦中学校の大きな理念です。 開校時、錦の地は蓮畑や田圃が残っていましたが、地域の方々や教職員が植樹・造成整地等、額に汗して教育環境の整備に努めていただいたと聞いております。校訓である生徒目標も創設以来不変で

  1. 挨拶をよくすること
  2. 腰骨を立てること
  3. 時を守ること
  4. 掃除をよくすること
  5. 履物をそろえること
  6. 返事がはっきりとできること

の6点です。

本校の北側には錦小学校が隣接しており、一小一中の利を生かした小中一貫教育に取り組んでいます。小中学生がふれあう行事や小中合同の取組み、教職員間の研修を実施し、9年間の学びをつないでまいります。また、地域の方々も「錦の子どもを錦で育てる」を合い言葉に、地域ぐるみで子ども達の健全育成・学校教育活動の支援に取り組んでいただいております。

これからも「錦はひとつ」を合い言葉に、小・中学校、地域の皆様がたとのつながりを深め、子ども達の生きる力の育成に取り組んでまいります。

アクセス