現在の位置

守口市役所本庁舎入居団体における新型コロナウイルス感染症患者の発生と対応について

 9月9日(水曜日)守口市役所本庁舎7階に入居している守口市社会福祉協議会からの報告により、当該協議会の50歳代の男性職員1名の新型コロナウイルス陽性反応が確認されました。
 当該職員は生活支援業務を担当しており、窓口対応の職務には従事しておらず、業務中には手指消毒も実施し、マスクを着用して業務を行っていたとの報告を受けました。
 同協議会は保健所及び本市の指導に基づき9月8日(火曜日)夜に、執務場所等の消毒を実施し、9月9日(水曜日)以降は通常通り業務を行っております。


1  発症の経過等
9月8日( 火曜日 )
 発熱により、医療機関を受診したところ肺炎と診断され入院、抗原検査を実施したところ、陽性と判明。


2  濃厚接触者
9月9日(水曜日)
 保健所の疫学調査に基づき、当該職員の同一職場内職員(1名)についてPCR 検査を受検済。この者は、9日より自宅待機中です。 また保健所の同調査では、来庁者の濃厚接触者は認められなかったとの報告を受けております。

 

【問合せ先】

総務課 06-6992-1432

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

市内感染状況