現在の位置

令和元年度高齢者肺炎球菌予防接種の接種機会を逃した方を対象に新型コロナ特例措置を実施

 令和元年度(平成31年度)の高齢者肺炎球菌予防接種の対象者であったが、今般の新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、接種機会を逃してしまった方を対象に、特例措置として、令和2年度末(令和3年3月31月)までを期限として、定期接種を実施いたします。


新型コロナ特例措置による接種を希望される方へ

まず、対象者にあてはまるかどうかを確認してください。

 

そして、対象者に当てはまる場合は、守口市市民保健センター(健康推進課)にて、 「高齢者肺炎球菌予防接種(新型コロナ特例措置)接種券」の発行手続を行ってください。

 

(注意)

 この「高齢者肺炎球菌予防接種(新型コロナ特例措置)接種券」を委託医療機関に持参しない場合は、特例措置の対象とはなりませんので、費用の助成はできません。

 必ず接種する前に、発行手続を行っていただきますようお願いいたします。

 

新型コロナ特例措置の対象者

下記の生年月日にあてはまる方で、対象外にあてはまらない方が対象です。

  •  昭和29年4月2日~昭和30年4月1日生まれの人
  •  昭和24年4月2日~昭和25年4月1日生まれの人
  •  昭和19年4月2日~昭和20年4月1日生まれの人
  •  昭和14年4月2日~昭和15年4月1日生まれの人
  •  昭和  9年4月2日~昭和10年4月1日生まれの人
  •  昭和  4年4月2日~昭和  5年4月1日生まれの人
  •  大正13年4月2日~大正14年4月1日生まれの人
  •  大正  9年4月1日以前に生まれた人

 

 対象外

1.過去に自費で肺炎球菌ワクチンを接種したことのある方

2.平成26年度~令和元年度に、定期接種として肺炎球菌ワクチンを接種した方

   再度接種すると、注射部位の疼痛・紅斑・硬結等の副反応が強く出現すると報告されています。

3.ご本人の接種を受ける意思を確認できない場合

4.接種日に守口市に住民票のない方

 市外へ転出された場合は、転出先の市町村へお問い合わせください。

 

高齢者肺炎球菌予防接種の概要

下記のリンク先でご確認ください。

 

令和2年度 高齢者肺炎球菌予防接種

接種回数

 1回

接種費用

 2,000円

 接種対象者かつ生活保護受給者の方で、無料接種券を医療機関等に提出した場合は免除。

(無料接種券の詳細は、下記、「 高齢者肺炎球菌予防接種無料接種券の発行手続き」をご参照ください)

 なお、非課税世帯の方を対象にした免除制度はありません。

実施期間は、令和2年9月1日から令和3年3月31日

※開始日・終了日が日曜日のため、医療機関によって休診の場合があります。事前に確認をしてください。

 

実施場所

下記のリンク先の「令和2年度高齢者肺炎球菌予防接種の実施場所」と同じです。

市内委託医療機関(寝屋川市、門真市、大東市、四條畷市の委託医療機関でも接種できます)

令和2年度 高齢者肺炎球菌予防接種

接種日当日、持参するもの

  • 「高齢者肺炎球菌予防接種(新型コロナ特例措置)接種券」(接種前に発行手続が必要
  • 運転免許証や保険証等本人確認できるもの
  • 接種費用 2,000円

 

「高齢者肺炎球菌予防接種(新型コロナ特例措置)接種券」の発行手続

 接種時に、「高齢者肺炎球菌予防接種(新型コロナ特例措置)接種券」を医療機関に提出されない場合は、費用の助成はできません。全額ご本人負担となります。

 必ず接種する前に、守口市市民保健センター(健康推進課)にて、発行手続を行ってください。

 なお、市長印の押印が必要となるため、即日発行できません

 発行には1週間から10日ほど時間がかかることもありますので、接種を希望される1週間ほど前に申請手続をお願いします。

 

発行手続の流れ

1.発行申請書をダウンロードし、記入してください。

(注意)

 被接種者以外の方が代筆にて申請される場合は、「代筆する理由書」と「代筆者の本人確認書類」が必要となりますので、ご注意ください。

 

高齢者肺炎球菌予防接種(新型コロナ特例措置)接種券 発行申請書(記入例付き)(PDF:216KB)

代筆する理由書(記入例付き)(PDF:174.3KB)

2.守口市市民保健センターに郵送もしくは持参してください。

  発行場所:健康推進課(守口市市民保健センター3階)

  受付時間:平日9時から17時30分(ただし、祝日、年末年始を除く) 

 

3.後日、守口市市民保健センターより「高齢者肺炎球菌予防接種(新型コロナ特例措置)接種券」を送付します。

 

4.「高齢者肺炎球菌予防接種(新型コロナ特例措置)接種券」は接種時に医療機関に提出してください。

 

北河内5市の委託医療機関以外で接種を希望する方へ

 原則、接種費用は全額被接種者ご本人の負担となります。

 

 なお、費用の助成はできませんが、接種による健康被害が万が一生じた場合に、国の健康被害救済制度を利用できるよう「高齢者肺炎球菌予防接種依頼書」を発行していただくことをおすすめしています。

 

 例外的に、大阪府内の養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、老人保健施設に入所している方は、接種前に「高齢者肺炎球菌予防接種依頼書」を発行し、接種された場合は、費用の払い戻しが可能です。(上限額あり。)

高齢者肺炎球菌予防接種依頼書の発行手続き

 依頼書を発行する手続きにつきましては、下記のリンク先をご参照ください。

高齢者肺炎球菌予防接種の依頼書発行について

高齢者肺炎球菌予防接種無料接種券の発行手続き

 無料接種券を発行する手続きにつきましては、下記のリンク先をご参照ください。

高齢者肺炎球菌予防接種の無料接種券発行について

お問い合わせ先
守口市役所健康福祉部健康推進課
〒570-0033 大阪府守口市大宮通1-13-7 
市民保健センター3階
電話番号 
06-6992-2217 
06-6992-2422

健康推進課へのメールによるお問い合わせはこちらから

(市への要望、お問い合わせは「市民の声」をお使いください)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。