現在の位置

浸水被害に備えて

近年の豪雨による被害

近年豪雨による被害が日本各地で発生しています。

○平成30年7月豪雨により、西日本を中心に、広域的かつ同時多発的に河川の氾濫、がけ崩れ等が発生。

平成30年度7月豪雨岡山県

岡山県倉敷市

提供:岡山県危機管理課

広島県安芸郡熊野町

広島県安芸郡熊野町

提供:広島市消防局

〇令和元年10月台風第19号により広範囲にわたり、河川の氾濫やがけ崩れ等が発生。

台風19号被害写真1

長野新幹線車両センターの浸水

提供:株式会社ウェザーニューズ

台風19号被害写真

長野県千曲川の氾濫

提供:株式会社ウェザーニューズ

被害の拡大を防ぐために

守口市では、豪雨に対応するため、ハード・ソフト様々な対策を大阪府や関連市と協力して行っております。

〇ハード面について

雨水を貯留する調節池・増補幹線などを建設しています。

大日南調節池

大日南調節池

(守口市内に大久保・大日南・西郷通調節池の3か所が供用開始)

提供:大阪府寝屋川水系改修工営所

増補幹線

門真守口増補幹線(築造中)

提供:大阪府東部流域下水道事務所

寝屋川流域総合治水対策(大阪府HP)

〇ソフト面について

防災行動を時系列で整理した計画「寝屋川流域大規模水害タイムライン」を策定し、台風等によって災害の発生が見込まれる場合に、先を見越した適時的確な防災対応を実施できるように計画しています。

寝屋川流域協議会 大規模水害タイムライン策定部会(令和)(大阪府HP)

〇ポンプ運転調整について

堤防の破堤などの外水氾濫を防ぎ、浸水被害の最小化を図るため、河川の水位が危険水位に達すると、ポンプ運転調整を実施します。

ポンプ運転調整とは、通常市街地に降った雨水をポンプで河川へ放流していますが、河川の水位が上昇し、氾濫の危険があると想定される場合、ポンプの放流量を半分に調整することです。

これにより、市街地に雨水が排水できずに残ってしまいますが、河川の氾濫による大規模な被害を防ぐことができます。

ポンプ運転調整

ポンプ運転調整が実施されるまで

各河川に設けられている観測所で準備・開始・解除水位を設定しており、開始水位まで達した場合、大阪府水防本部長(大阪府知事)より各下水道管理者に指示し、ポンプ運転調整が実施されます。

ポンプ運転調整は、河川氾濫による甚大な被害を防ぐための最終的な手段としてやむを得ず実施するものです。

自主防災について

〇ハザードマップの確認を

守口市では、発生する可能性がある地震・外水氾濫・内水氾濫に関する情報などを掲載した防災ハザードマップを作製しています。

いざという時の行動や避難方法、避難所の場所などを確認するためにご活用ください。

防災ハザードマップ

内水ハザードマップ

防災ハザードマップ (C)2019ZENRIN CO.,LTD(19JH第190号)

内水ハザードマップについて

お問い合わせ先
守口市役所環境下水道部下水道管理課
〒570-8666 大阪府守口市京阪本通2-5-5 
守口市役所5階南エリア
電話番号 
06-6992-1747(総務担当)
06-6992-1748(計画整備担当)
06-6992-1751(指導担当)
06-6992-1752(維持担当)

下水道管理課へのメールによるお問い合わせはこちらから

(市への要望、お問い合わせは「市民の声」をお使いください)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか