非常変災時

非常変災時における生徒の登校について

◎登校前のケース


1.台風接近の場合

(1)午前7時現在で暴風警報・特別警報【「東部大阪」区域または「守口市」、以下同じ】が発令中の場合は自宅待機とします。

(2)午前10時までに暴風警報・特別警報が解除された場合は、原則、解除時点から概ね1時間後の通常日課の授業開始時刻(8:55・9:55・10:55)より授業を開始します。授業開始時刻の10分前を始業時刻とし、この時点で出欠の確認をします。これに間に合うように登校させてください。なお、この場合の昼食は各自でご用意ください。

(3)午前10時以降も暴風警報・特別警報が発令中の場合は休校といたします。

注意:暴風波浪警報のように「暴風」がつく場合も含みます。


2.地震発生の場合

(1)生徒の登校以前に、守口市域【「大阪全域」または「大阪北部」】に「震度5弱」以上の地震が発生した場合は、臨時休校とします。

(2)「震度5弱」未満であっても、被害の状況に応じ自宅待機とすることがあります。


3.その他

(1)非常変災時及び緊急時には、午前7時以降からFMもりぐち(82.48MHZ)で対応について放送がありますので、ご活用ください。

(2) 緊急を要する場合、「はなまる連絡帳」を使って各家庭に連絡をいたします。

(3) 学校からの指示がない場合でも、「生命の安全」を第一に考えて、保護者の判断で登校の可否を判断してください(この場合、遅刻、欠席の扱いはしません)。


◎登下校中のケース(生徒対応)


1.地震発生の場合

(1)「上からものが落ちてこない」「横からものが倒れてこない」「ものが移動してこない」場所に素早く身を寄せて安全を確保します。かばん等で頭部を守ります。

(2) 揺れが収まったら、八雲中学校に向います。すぐ近くに八雲小学校か下島小学校があればそちらに向かいます。下校途中で、家が近く、かつ、誰か家にいる場合は自宅に帰ります。

(3) 「震度5弱」以上の場合、または「震度5弱」未満でも学校施設の損壊が激しい場合等は、臨時休校とし、保護者引き渡しを実施します。引き渡す場合は、「はなまる連絡帳」にて保護者に連絡します。八雲・下島小学校に避難した生徒の引き渡し場所についても「はなまる連絡帳」でお伝えします。


◎登校後のケース


1.台風・大雨等接近の場合

(1) 暴風警報・特別警報が発令された場合は、臨時休校とし、「はなまる連絡帳」にて保護者に連絡した上で、地区別の集団下校を実施します。引き渡しカードにて希望されている生徒は、保護者に引き渡します。


2.地震発生の場合

(1)「震度5弱」以上の地震、または「震度5弱」未満でも学校施設の損壊が激しい場合等は、臨時休校とし、「はなまる連絡帳」にて保護者に連絡した上で、保護者引き渡しを実施します。引き渡しカードにて希望されている生徒は、保護者に引き渡します。

(2) 「震度5弱」未満で、生徒の安全等に支障がない場合、通常通り授業を実施します。なお、地震の規模によっては、部活動等の実施や下校時間について、「はなまる連絡帳」にて保護者に連絡いたします。


3.その他

(1) 近隣で凶器を持った不審者が潜伏している場合や、周辺の事故により生徒の安全に支障が見込まれる場合、ネットや電話による脅迫があった場合等については、ケースに応じて、地区別集団下校や保護者への引き渡し等の措置を取ります。措置に際しては「はなまる連絡帳」にて保護者の方へ連絡をした上で実施いたします。また、市立学校全体に関わることについては、FMもりぐち(82.4MHZ)や「防災無線」にて放送されますので情報をご活用ください。

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
守口市立八雲中学校
〒570-0006 大阪府守口市八雲西町3-5-21
電話番号 
06-6992-3920

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか